2016年2月23日現在 東武トップツアーズ株式会社
アメリカ合衆国 ビザ免除プログラムの改定について

現在、日本をはじめとするアメリカ合衆国ビザ免除プログラム参加国の国籍のお客様は、ESTA(アメリカ電子渡航認証システム)の認証を取得のうえ、ビザを取得せずに、短期(最長90日)の観光・商用目的で渡航することができますが、今般、アメリカ合衆国における「テロリスト渡航防止法」の施行を受けて、下記に該当するお客様は、ビザ免除プログラムを利用して渡航することができなくなりましたので、下記の通り、お知らせいたします。

対象のお客様 ①ビザ免除プログラム参加国の国籍で、2011年3月1日以降に、イラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメンに渡航、または滞在したことがあるお客様。
②ビザ免除プログラム参加国の国籍で、イラン、イラク、スーダン、シリアのいずれかの国籍を有する二重国籍のお客様。
施行日 2016年1月21日
今後の対応 ◇上記①または②に該当するお客様は、ビザを取得していただくことになります。
◇上記②の二重国籍のお客様で、既にESTA(アメリカ電子渡航認証システム)の認証を取得している場合 には、そのESTAの認証は2016年1月21日より取り消されておりますので、ご確認が必要です。
注意事項 ◇上記に該当するお客様は、必ず弊社担当者まで、その旨お知らせください。もし該当することをお知らせいた だかず、またビザも取得せずに渡航した場合、虚偽の申告により入国できない可能性もありますので、ご注意ください。
◇外交目的、軍関係の渡航など、上記の対象とならない限られた例外措置があります。
◇上記に該当しないお客様も含めて、既にESTA(アメリカ電子渡航認証システム)認証を取得されているお客様は、ご出発前に念のためESTA申請ウェブサイトにて、ESTAの認証を再確認されることをお奨めいたします。

※当情報については、今後変更になる場合があります。


≪関連サイト≫
■米国大使館ウェブサイト/日本語 http://japanese.japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-important.html
 
Copyright© TOBU TOP TOURS CORPORATION. All rights reserved.