旅行情報の東武トップツアーズ。国内旅行・海外旅行・ホテル予約から、ビジネス、出張手配まで。

  1. 東武トップツアーズ
  2. 海外ツアー
  3. 禁酒・禁煙実施についてのお知らせ

禁酒・禁煙実施についてのお知らせ

香港

禁煙法施行についてのお知らせ

2009年7月1日より全ての屋内施設、レストラン、カラオケ、ショッピングセンター、バー、クラブ、ナイトクラブ、サウナ、マッサージ・エステ、麻雀荘などでの喫煙が禁止になりました。その他、公共のビーチ、プール、公共交通機関(駅構内含む)、エスカレーター付近での喫煙も禁止されています。 さらに2009年9月1日より上記に加え、Hong Kong Wetland Parkも禁煙対象となります。禁煙所定場所で吸うことのみならず火の付いたタバコを持つことも禁じられています。これらに違反した場合は1500HKD の罰金が課せられます。(2009年9月1日より適用)

※詳しくは、香港税関のホームページをご覧ください。

たばこの持ち込みについて

タバコ19本、葉巻1本か25g、又はその他タバコ25gまでが免税範囲です。 (18歳以上)

詳しくは香港政府観光局のホームページをご確認ください。

全館禁煙のホテル

●ランガム香港
客室及びレストラン、ロビー等館内全エリアが禁煙です。

※喫煙されるお客様は建物外にて喫煙をお願いいたします。
※灰皿のリクエストの受付は不可となります。
※館内にて喫煙されたお客様には罰金が請求される場合がございます。

マカオ

たばこの持ち込みについて

タバコ19本、葉巻1本(3g以下)、タバコ製品25g(総量25g以下)までが免税範囲です。

韓国

禁煙についてのお知らせ

韓国内の禁煙について

韓国では禁煙区域が定められており、摘発されると罰金が科せられます。禁煙区域は博物館などの大型建築物、大型ショッピングセンター、居酒屋・バーを含む飲食店の屋内、ホテルのロビー等、自治体が管理する20以上の公園、中央バスレーン停留所となります。

韓国内の以下に該当する飲食店では一切喫煙ができなくなります。

■2012年12月8日~
150m2(45坪)以上の飲食店(カフェ、居酒屋、レストラン、食堂)喫煙不可

■2014年1月1日~
100m2(30坪)以上の飲食店(カフェ、居酒屋、レストラン、食堂)喫煙不可

■2015年1月1日~
韓国内全ての飲食店(カフェ、居酒屋、レストラン、食堂)喫煙不可

※ 違反時、外国人旅行者ついては厳重指導されますのでご注意ください。

全室禁煙・全館禁煙のホテル

●全室禁煙
客室はすべて禁煙です。ホテル内に喫煙できる場所があります。
※灰皿のリクエストの受付は不可となります。

  • ・スカイパーク明洞Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • ・ソラリア西鉄ソウル
  • ・スカイパークセントラル明洞
  • ・ベストウェスタン国都

●全館禁煙
客室、ホテル内すべて禁煙です。ホテル内に喫煙できる場所はありません。
※喫煙されるお客様は、建物の外の喫煙所にて喫煙をお願いいたします。
※スカイパーク東大門Ⅰはホテル正門前に喫煙所を設けております。
※灰皿のリクエストの受付は不可となります。

  • ・スカイパーク東大門Ⅰ
  • ・ロワジールホテル
  • ・ロッテホテル本館
  • ・ウェスティンチョースン
  • ・ミレニアム・ソウル・ヒルトン
  • ・プリンス

台湾

禁煙新法についてのお知らせ

2009年01月11日より台湾全土で、禁煙新法が施行されており、ホテル(部屋内、ロビーなど)、レストランなどの室内は全面禁煙となっております。また屋内の禁煙以外に、街中での歩きタバコも禁止となります。屋内にて喫煙が可能な場所は、独立した空間に空調機が設置されている場所(喫煙室)のみとなります。違反者には最高10,000元(約¥33,000)の罰金が処されますので、十分ご注意ください。

シンガポール

たばこの持ち込みについて、持ち込み禁止品について

シンガポールでは、タバコを1本でも持ち込む場合は、申告が必要です。抜き打ちチェックも行われており、未申告が見つかった場合は、罰金が科せられます。
たばこを所持しているにもかかわらず、税関で申告対象品なしの「緑色のレーン(グリーン・チャンネル)」に進みたばこ持込が発覚した場合、最高5,000シンガポールドル(約39万円)の罰金が科せられます。
その際「法律について知らなかった」等の言い訳は一切通用しないと思っておいてください。タバコ持参の方は「赤色のレーン(レッド・チャンネル)」に進み申告を行ってください。
また、タバコのポイ捨て、喫煙可能区域以外での喫煙も禁止されています。法律でチューインガム、噛みタバコなどは持ち込みが禁止されています。

課税対象品について

ウイスキー、ブランデー、ウォッカ、ワイン、ビールは課税対象品です。ただし、各1リットル以内は免税となります。

マレーシア

現在情報はございません。

タイ

たばこの持ち込みについて

200本(1カートン)、葉巻などは総重量250g以内までが免税範囲です。

インドネシア

持ち込み制限について

2たばこ:紙巻たばこ200本、または葉巻25本、または刻みたばこ100g(21歳以上)
酒:1L(21歳以上)
香水:適量
その他のもの:1人あたり250US$または1家族1,000US$を超えるインドネシアへ持ち込む外国製品
※滞在中使用して持ち帰る予定のカメラ、スポーツ用品などは課税対象外

持ち出し制限について

たばこ:紙巻たばこ200本、または葉巻50本、または刻みたばこ1000g(21歳以上)
酒:2L(開栓済み)
身の回り品:100万ルピア相当
持ち出し禁止品(代表的なもの):べっこう製品

ベトナム

現在情報はございません。

ハワイ

新禁煙法施行のお知らせ

ハワイ州では、非喫煙者の健康を間接喫煙の害から守ることを目的として、州やカウンティが定める公共の場所が全面禁煙となる新禁煙法が2006年11月16日より施行されています。禁煙となる公共の場所は下記の通りです。

  • A.レストラン、バー、ナイトクラブ
  • B.ショッピングセンター
  • C.空港、公共交通機関(バス・タクシー等)
  • D.ホテルのロビーや通路
  • E.スポーツ・アリーナ、屋外アリーナ、スタジアム、円形競技場等の座席部分
  • F.チャイルドケアや介護施設に使用している個人の住居 等

なお、上記の場所の出入り口より20フィート(約6メートル)圏内も禁煙区域となります。一方、喫煙が許可される場所は、個人の住居、ホテルやモーテルなどの宿泊施設の喫煙室(客室数全体の20%までを喫煙室とすることが可能)、民間もしくは半官半民の老人ホームや長期ケアホーム(施設)等となります。同法律に違反した個人には最大50ドル、また企業には最大500ドルの罰金が課せられることとなります。

グアム

ナターシャ保護法についてのお知らせ

グアムでは2006年5月9日から公共の場での喫煙を禁じる通称「ナターシャ保護法」が施行され、一般道路やビーチはもちろん、ホテルの客室、バー、レストランなど公共スペースや屋内スペースでの喫煙が禁止されています。 違反者は、初犯が 100ドル以下、2 回目の違反で 200 ドル以下、3 回目の違反からは 500 ドル以下が課せられますのでご注意ください。

サイパン

禁煙法についてのお知らせ

2009年9月28日より、北マリアナ 諸島(サイパン・テニアン・ロタ)における禁煙法が制定され、公共の場所での喫煙は禁止されています。 また、禁煙サインのある場所も同様です。 違反者は、初犯が 50 ドル、2 回目の違反で 100 ドル、3 回目の違反からは 200 ドルが課せられますのでご注意ください。 ホテルやレストランなどの喫煙場所につきましては、ご利用される各施設へご確認下さいます様お願いいたします。

オーストラリア

禁煙についてのお知らせ

オーストラリアでは、オーストラリアでは、公共施設、交通機関、ホテル、モーテル、レストラン、バー、空港などの屋内はタバコが禁煙(no smoking)となっています。
※オーストラリアの州によって禁煙の対象が異なります。 ※オーストラリアでは2006年から各州で禁煙法が施行されており、禁煙が徹底管理されております。 喫煙した場合は、州によって異なりますが、50~150オーストラリアドルの罰金が科せられます。

閉じる×